2017年7月22日土曜日

1学期 終業式

こんにちは、末継です。
今日は、1学期の終業式でした。

校長先生から1学期のまとめと、夏休みの注意のお話をいただきました。みんな、しっかりと聞いて、自分自身を振り返っていました。

明日、日曜日からは、希望者対象の英語キャンプ、26日からは、復習講座、夏期講座がはじまります。夏休みも、敬愛小学校は、たくさんのイベントがあります。

また、本日は放課後に英語サッカーがありました。暑い中でしたが、1年生から6年生まで、クリストファー先生の英語の説明を聞きながら、頭と体を使って活動しました。楽しく、生きた英語を勉強してます。

2017年7月21日金曜日

(1年生生活科)シャボン玉を楽しみました

おはようございます。龍です。

職員室に、1年生の楽しそうな声が聞こえてきました。


外に出てみると、生活科の時間で、
みんな楽しそうにシャボン玉を膨らませていました。


シャボン玉液は市販のものでなく手作りなので、
息の吹き入れ方が難しかったようですが、
みんなとっても楽しそうでした。


「先生、みてください!」と
コップに息を吹きいれて、泡をたのしむ児童も。






明日の終業式で、1学期が終了です。
1年生も大きく成長しました。

夏休みも前後期合わせて15日間の復習講座・夏期講座が予定されています。
1学期学習したことを確認する有意義な時間にしていきましょうね。


2017年7月20日木曜日

(6年生算数)コース適性試験に向けて

こんにちは。龍です。

6年生の算数の授業では、2つのクラスに分かれて、
比例の学習が行われていました。



公立小学校では10月下旬頃におこなわれる範囲ですが、
本校は授業時間がたくさんあり、学習ペースも早く、
教科書を早く終えて、小学校内容の総点検を行います。



夏休みの夏期講座には、
10月・1月に行われるコース適性試験に向けて、
基本・応用含めて、しっかり総復習を行う予定です。
 

小学校で学習した内容は、中学校・高校へと発展する、
いわば学びのベース(基礎)の部分。

6年生の皆さん、暑い夏ですが、
先生たちと一緒に頑張りましょうね!


2017年7月19日水曜日

(3年生社会科)北九州市の各区の特徴をまとめよう

こんにちは。龍です。

今日は3年生の社会科の授業をご紹介します。

社会科では、私たちが生活をしている北九州市の様子を、
各区別に分かれて、調べ学習を行なっています。


色々な資料や、iPadを使いながら、
聞き手にわかりやすいまとまった資料作りができるよう、
班で協力しながら取り組んでいました。


先生からも色々とアドバイスをもらいながら、
様々な意見を出し合って、1枚のポスターにまとめていきます。


地図アプリやsafariを使いこなしながら、
テキパキとまとめていく子どもたち。


これからの世の中では、情報を編集し、
新しいものを生み出していくチカラが必要になってくるといわれています。

なんでもGoogle先生に尋ねればわかる時代。

デジタルデバイスなど色々なツールを使いこなしながら、
自分が伝えたいことを、整理し、チームで話し合い、発表するような学習活動は
まさにこれから子どもたちに求められていくチカラの一つです。


小学校段階からこのようなチカラを育成していくことは、
これからの社会を生きる上で必要不可欠といえるでしょう。

本校ではどの授業でもプロセスを大事にして、
授業を進めるようにしています。


子どもたちが生き生きと活動している様子が印象的でした。



どのチームも素晴らしい作品ができあがることでしょう。
完成が楽しみです!

2017年7月18日火曜日

(3年生)プログラミング学習スタート

こんにちは。龍です。

いよいよ3年生のプログラミング学習がスタートしました。
今日は私が授業を担当しました。
子どもたちはプログラミングの授業を楽しみにしていたみたいです。

まず最初に、「プログラミングを学ぶのは何故?」という
オリエンテーションからスタート。


「2011年に小学校に入学する子どもたちの65%が、現在存在しない職業に就く」
現在はニューヨーク市立大学のキャシーデビットソン教授の言葉に、子どもたちは驚いていました。


テクノロジーの進化は私たちの生活を大きく変えていくことでしょう。
今以上にICT機器が生活の中に入り、
環境が激変していくことは容易に想像できます。

そんな時代を歩んでいくためには、
その仕組みを理解し、
新しいものを生み出していこうとする姿勢が大切です。


オバマ前大統領からのビデオメッセージを見て、
プログラミング学習の必要性を感じることができたようでした。


今日はサイトを使った入門編講座です。
みんな夢中で取り組んでいました。


「『先生、わかりません!』ではなく自分の頭で考えて、
何度も挑戦してごらん」と促すと、
子どもたちは、試行錯誤して何度もチャレンジしていました。

諦めず取り組むこと、また、論理的に考える力を
この授業では培っていけたらと考えています。

2学期には、いよいよLEGOのロボットが登場です!
皆さんお楽しみに!

2017年7月17日月曜日

(1年生)iPadを使った算数学習

おはようございます。龍です。

昨日の2年生に続き、1年生の算数の授業の様子です。

足し算、引き算、大きな数の学習が終了したので、
iPadを使って問題演習を行いました。

アプリを使いながらの学習で、子どもたちは、ワクワクしながら意欲的に取り組んでいました。


「先生、できました!」という声が、至る所から聞こえてきて、
日頃の学習内容を確認することができたようです。


これからの教育は「デジタルとアナログの融合」が必要だと考えています。
iPadのようなデジタルデバイスが強い部分は、それを用い、
鉛筆を持ってしっかり書く部分は、アナログ部分をしっかり行う。


敬愛小学校では至る所で、その融合が進んでいます。
これからも全職員でさらに研鑽に励んでいきたいと考えています。




2017年7月16日日曜日

2年生 算数の授業

おはようございます。龍です。

2年生の算数の授業の様子をご紹介します。
先生は、中学校・高校でも指導経験がある末継先生です。



授業はテンポよく進んでいき、
子どもたちもしっかり聞いて、答えを確認していました。


算数は、2年生のうちに3年生内容まで進んでいきます。
公立小学校とくらべると、
6年間で357時間多く授業を設定しています。
これは、公立小学校2年分の授業時間。
つまり、敬愛小学校の6年間では、
公立小学校の8年分の算数の時間を設定していることになります。


そして、夏休みには約4週間分の復習講座を希望者対象に行うので、たくさんの問題演習が可能です。


6年生では、授業時間がたくさんあるので、
自然に中学内容まで踏み入って学習を進めて行きます。

児童の皆さん、先生たちと一緒に算数学習頑張りましょうね!