2018年4月20日金曜日

(6年生)宗教の授業

こんにちは。龍です。

今日のブログは、
6年生の宗教の授業の様子をご紹介します。


先生は授業で
相田みつをさんの詩を紹介されました。
「そんかとくか人間のものさし うそかまことか仏さまのものさし」


私たちの日常生活を振り返ってみると、
「自分の都合というものさし」で、
人や物事の善悪を判断し、行動していることが多々あるのではないでしょうか。
この「自分の都合というものさし」を相田さんは「人間のものさし」と表現をされました。


しかし、有難いことに仏様のお話に耳を傾けることで、
その自分の姿に気付き、真実と出会うことができるのです。

「自分のものさし」で一喜一憂しているのが私です。
そんな私に気付かしてくれる「仏さまのものさし」を学び、その「仏さまのものさし」の中で生きていけるような私でありたいと思います。


先生は、
「聞いた話や噂話は、真実のことではないかもしれない。
でも人間は、そのことをあたかも本当のことのように信じてしまうことがある。
それが原因で辛い思いをする人がでてくるのかもしれない。
とても悲しいことですね。
しかし、『仏さまのものさし』でみてみれば、
私たちの取るべき行動はどうしたらよいでしょう?」と問いかけられました。

子どもたちは先生の話を通して、
またひとつ「仏さまのものさし」と出会うことができました。

2018年4月19日木曜日

NRTテスト

おはようございます。龍です。

今日は2〜6年生対象でNRTテストを実施しました。

このNRTテストは図書文化社という会社が主催している、日本で最も多く実施されている標準学力検査です。


本校が実施しているテストでは、
NRTテストの他にも2月に実施する「CRTテスト」もあります。

NRTテストが全体の中の個人の位置を把握する相対評価なのに対して、CRTテストは個人の目標達成度を把握する絶対評価になっています。


このテストは、基礎的・基本的学力が定着しているかの確認材料にするためにおこなっています。そして、学校ではこの結果を学習活動の参考にしています。



NRTテストは見たことの無いような問題形式も出題され、
正答率は問題によっては50%をきるものもあり、
その年によって差はあるものの、
全国の平均点は60~70点台ほどで推移しているようです。



今年から四谷大塚の全国小学生テストも全校実施していきます。

NRTや四谷大塚のテストでは、見たこともないような問題も出題されます。
それを自分の学習した内容を活かしながら挑戦し突破していく力を、
これまで以上に育んでいきたいと考えています。




児童の皆さん、お疲れ様でした。


2018年4月18日水曜日

(5年生)英語の授業

こんばんは。龍です。

今日は5年生の英語の授業の様子をご紹介します。
敬愛小学校では週3時間のネイティブの先生と日本人英語教師の先生による
オールイングリッシュの授業を行なっています。

ICT機器を使って、
視覚的にも捉えることができるよう工夫しながら指導を行なっています。


英語の先生たちは、毎時間レッスンプランを作成し、
担任の先生を含めて3人で指導ができるようにしています。


この時間は、三人称単数の復習が行われていました。
先生がテンポよくスクリーンに問題を映し出し、
子どもたちもテンポよく回答をしていました。


5年生は、Oxford University Pressの
Familly and Friends を使用して授業を進めています。


1・2年生ではPhonicsの学習を徹底的にして、
3年生から文法も含めて、「書く」「読む」「聞く」「話す」の
4技能を高めていきます。


Oxford Qualityに日本で唯一認定されていることで、
本校のネイティブ教諭は、
全国のセミナーでも実践事例を報告し、
本校の英語教育には、たくさんの方が注目していただいています。



2018年4月17日火曜日

ICT機器が大活躍

こんにちは。龍です。

4時間目授業をのぞいてみると、
ICT機器を活用した授業が至る所で行われていました。

3年1組の国語の授業では、
教科書の本文や参考資料になる写真を投影し、
指導が行われていました。


「教科書何ページ」という指示だけではなく、
プロジェクターでその部分を拡大投影することで、
子どもたちもサッと学習課題に取り組めます。







3年2組では、社会科の授業が行われていました。
Google Earthを使って門司区の航空写真を眺め、学習課題を設定していました。


子どもたちは、そのテーマに基づいて、
自宅周辺をロイロノートを使って調べました。







4年1組は、iPadで撮影した自分の写真を使って、
自画像を書きました。
素敵な作品が出来上がり、それが学年目標に掲示されていきました。
先生に聞くと、「昨年までは鏡でやっていたけど、iPadだと、静止画がとれるので、子どもたちも書きやすかったようです」とおっしゃっていました。



4年2組は英語の授業でした。
ホワイトボードとプロジェクターを使用して、
視覚的にわかりやすいように、先生が工夫して授業をされていました。





5年1組は理科室で理科の授業です。
雲のメカニズムを学習し、
雲の変化を動画で確認すると、
「お〜」と歓声が上がっていました。


昨年度末、保護者会よりプロジェクターやAppleTVを寄贈いただき、
授業のICT化がさらに一歩前進しました。

4月28日(土)の授業参観では、その模様もごらんいただこうと考えています。
皆様のご来校をお待ちしています。

2018年4月16日月曜日

(1年生)給食の様子

こんにちは。龍です。

1年生は入学式後2日から給食がスタートし、
5時間授業、そして学童保育もスタートしています。

2週間目のスタートとなる月曜日。

子どもたちは楽しそうにランチタイムを過ごしていました。


「先生、黄色のピーマンがあります!ピーマンは緑じゃないですか?」など
可愛らしい質問も。


初日には、全員完食し、お代わりをするクラスもあったようです。
よく食べ「美味しい」と喜んでいたと担任の先生からお話を聞きました。









敬愛小学校では、月曜日から土曜日まで給食を行なっています。

料理する場所も校内なので、
いつも美味しく暖かい給食です。



本校の栄養士さんが、バランスのとれたメニューを考えてくれて、
給食の時間は子どもたちの楽しみにしている時間の一つです。


アレルギーをお持ちのお子様には、
その品目を除去した給食を提供しています。
(場合によっては、持参をしていただいています。)

栄養士の皆さん、いつも美味しい給食をありがとうございます!